就学奨励費 各経費の申請について
  ここでは、各ご家庭から申請していただく経費について説明します。
 
 通学費
 年度当初に「通学明細届」と、それに基づき購入した定期券のコピーを提出してください。
 有料駐輪場を契約し、代金を支払っている場合は、各期毎にまとめて全ての領収書を「有料自転車置場利用に係る領収書」提出用紙に添付して提出していただきます。
 年度途中で、通学方法等が変更になった場合は、新しい通学方法についての「通学明細届」の提出が必要となりますので、事務担当者まで、ご連絡ください。
 なお、通学費は、特別な事由がない限り、自宅から学校までの最も経済的な通常の経路及び方法により算定した金額が支給されます。

 定期券等の購入の際には、「通学費について」を参考にしてください。
 
 職場実習交通費
 学校で決められた職場実習に参加した場合に「職場実習明細届」を提出してください。
 実習ごとに1枚記入し、各期ごとにまとめて提出してください。
 有料駐輪場を利用した場合は、通学費と同様に、「有料自転車置場利用に係る領収書」提出用紙に領収書を添付して提出してください。
※実習先、実習日等の内容があいまいな場合は、本校就労支援担当にご確認ください。

 支給額は、原則として、学校から実習先まで(自宅からの方が経済的な場合は自宅から)の交通費となります。
 通学で使用している定期券を保有している区間については、職場実習交通費は支給されません。
 障害者割引が利用できる場合は障害者割引後の金額、また、実習期間が長期に及ぶ場合など、回数券やパスモ・スイカ等を利用した方が廉価となる場合には、回数券やパスモ・スイカを使用したものとして支給額を算定しますので、積極的に利用してください。

 学用品等購入費・新入学児童生徒学用品等購入費
 家庭で個々に購入した学用品等について、各期ごとに「特別支援教育就学奨励費受給に係る領収書等」提出用紙に必要事項を記入し、購入日・購入品目・購入価格が記載された領収書(レシート)を添付して提出してください。
 なお、支給対象となる具体例は、こちらをご覧ください。
※学校でまとめて購入したものについては、担任等が申請しますので、家庭からの申請は不要です。